非正規従業員との一期一会

1.改正パート労働法の施行が迫る

 前回に続いて非正規従業員の話です。
 本年の4月からは、以前からこのHPでご報告してきたとおり、改正パート労働法が施行されます。
 重要なポイントの一つ目は、労働条件の文書交付と説明義務です。
 文書交付の内容には、労働基準法での契約期間、就業の場所・業務、労働時間関連、退職・解雇に関する絶対的明示事項に加え「昇給」「賞与」「退職金」の有無についての明示が加わります。
 説明義務とは、例えばパート社員に
「なぜ、私の『賃金』は本社員より低いのか?」と問われたら、それを説明しなければならないと言うことです。説明責任です。これまでのように「・・・・パートだから」では済まなくなります。それで納得するかどうかは別の問題ですが、合理的な理由は、あらかじめ用意しておかなければなりません。 

2.差別ではなく整備を

 2つ目は、実際にパート社員の職務と処遇を考え、整備しなければならないことです。

@ 職務(仕事の内容と責任)
A 人材活用の仕組み(人事異動の有無)
B 契約期間(反復更新の実態により有期契約が形骸化している場合を含む)

の3要件が本社員と同一で、

@ 賃金(基本給賞与、役職手当、家族手当、そして退職金など)
A 教育訓練(職務に直接必要なことと本人の能力を向上させること)
B 福利厚生(健康保持や施設の利用、慶弔見舞金や社宅など)

の3条件について本社員と違えば、
それは「差別」であり「してはならない」と「禁止」されます。 
 また、3要件が部分的に同じであれば、その組合せによりバランスのとれた待遇を設定することが、義務または努力義務になります。義務か努力義務かの強度は福利厚生→教育訓練→賃金の順です。努力義務と言っても、いざトラブルになれば「会社は〜の努力を怠った」と言われ、大変不利なことになります。

 現在、社内にパート社員が存在し、今後ともパート社員を重要な戦力としていく必要があれば、その職掌と就業規則の整備が急務です。
 パート社員の職掌については、単に本社員に較べて「軽減したものにする」ということではありません。またその職掌を考えるということは本社員の職掌を考えることでもあります。
 以前、この法律が改正される前に、年功的に経営されてきた(現在、非常勤職員が増加している)団体の本職員対象の賃金・人事制度改訂説明会で、
「なぜ、みなさん方の『給与』は、非常勤の方より高いのか?定期昇給があるのか?賞与があるのか?終身雇用なのか?たまたま、現在のような非常勤募集の時ではなく、正職員募集の時に入職できた幸運に過ぎないのではないのか?」と問うたことがあります。
(呆然と・・・・、答えは風に吹かれていました。)
 それを明確にして、本社員にはそのように働いてもらわなければなりません。
 それは良い機会であるとも言えます。
 
 パート社員就業規則には、先に挙げた職務や勤務する場所の異動など「人材活用の仕組み」を本社員と区別することだけではなく、業務災害や産前産後休業による解雇制限の関連も含めて、有期契約による更新・雇止め等の条件・手続に関する規定などが必要です。また、パート社員の上司である管理職には、その運用を徹底させなければなりません。

3.非自発的非正規従業員

 前回にも書きましたが、パート社員などの雇用柔軟型社員を「働くニーズの多様化」によるものとしてのみ済むものではありません。もちろんワークライフバランスで活き活きと働かれているパート社員は昔から多く見られます。そのような場合には、誇りある会社の使命、社会的役割、強み、根本戦略を、顧客や取引先だけではなく、社内に、しかも非正規従業員にも示すことです。
 しかし、解雇や会社都合退職よりも広い意味の「非自発的離職者」という言葉があるのと同様に、現在、若年者などの「非自発的」な非正規従業員は増加する一方です。
 「通常の労働者への転換の推進」ができるものなら、それに越したことはありません。しかし、それができなければ、そのような非正規従業員をも含めた従業員満足という課題については、どうしたら良いのでしょうか?

4.職業人としての育成

 キーワードは、やはり「人材育成」です。
(思えば、成果主義の会社にも、年功主義の団体にも、私は同じことを言ってきました・・・)

 非正規従業員を長く転々と続けてきた方と話すと「その有する能力を有効に発揮する環境になかった」というよりも、社会人として、職業人として、基本的な「その能力そのものを伸ばす機会がなかった」方が、とても多いことに気づきます。
 そのような方を(職掌の範囲で)たとえ契約期間は1年でも、その方の生涯労働の糧となる1年という視野で、有期雇用社員として必要な知識だけではなく、職業人として育成するのです。決して甘くすることではありません。
 一期一会です。
それは、たとえ一生に一度の出会いであっても、互いに誠意を尽くすということです。

・・・このテーマ続く (阿世賀 陽一)