〜当事務所から顧問先様などへの「お知らせ」と「お役立ち情報」です。

[ 一人親方等の労災保険特別加入について ]

 政府の管掌する労災保険制度では、通常、建設の事業や自動車を使用して行う旅客又は貨物の運送の事業において一人親方その他の自営業者及びその事業に従事する方(以下「一人親方等」といいます。)は、労災保険の対象とされていませんが、その業務の実態等により労働者に準じてその業務災害に関して補償をするに相応しい方々がいます。
 そこで、労災保険制度本来の建前を損なわない範囲で、利用を認めようというのが一人親方等の特別加入制度です。
 特に一人親方等は、企業としての保険成立がないので加入するところがありません。よって、本制度を利用するためには、国の承認を受けた一人親方組合に加入した場合に限り、当該組合を適用事業主、組合に加入した一人親方等を労働者とみなして、通常の労働者に準じた労災(補償)給付を受給することができます。

【 建設の事業 加入対象者 】

 例:大工、とび、左官、防水工、板金工、電工、配管工、土工、建具工、家具工、電気工事士、建設機械の操作運転を業として行う方など

【 自動車を使用して行う旅客又は貨物の運送の事業加入対象者 】

 例:個人タクシー業者、個人貨物運送業者など

注1)極めて少ない日数に労働者を使用することがあっても差し支えありませんが、その使用日数の合計が年間100日以上と見込まれる場合には中小事業主等となりますのでご注意ください。

注2)加入にあたり健康診断が必要な場合もあります。

 社会保険労務士 阿世賀事務所は、中小企業福祉事業団(建設事業一人親方組合、運輸事業一人親方組合としての承認を受けた団体)の幹事社会保険労務士であり、上記特別加入の申請についても代行申請手続を随時受けたまわっております。
(当事務所を通じての一人親方組合の加入は、東京、神奈川、千葉、埼玉、山梨、群馬、栃木、茨城、静岡に居所を有する方に限ります。)

▲ 元のページへ戻る