〜当事務所から顧問先様などへの「お知らせ」と「お役立ち情報」です。

[ 後期高齢者医療制度(長寿医療制度)のポイント ]

(注)名称について「後期高齢者医療制度」を通称として「長寿医療制度」と言いますがメディアなどでは、 後期高齢者医療制度と言っているのが普通なので以降は「後期・・」で説明します。

<後期高齢者医療制度の対象者>
(1)
@ 75歳以上の方
(2)
65〜74歳で一定の障害の状態にある方
 
<手続きについて>

 後期高齢者医療制度の被保険者に該当した場合、それまで加入していた健康保険から脱退することになります。
加入手続きについて
 加入手続きは自動で行われるので不要です。被保険者証は4月1日現在で75歳以上の方は4月1日まで、今後75歳以上になる方は誕生日までに被保険者証が郵送で送られてきます。
喪失手続について
 今まで加入していた健康保険の喪失の手続が必要です。社会保険事務所や健康保険組合からデータが印字された「被保険者資格喪失届」または「被扶養者異動届」が届くので、健康保険被保険者証および高齢受給資格者証を本人から回収した上で届出を行います。
 また、健康保険の被保険者が資格を喪失した場合、現在75歳未満の被扶養者の方については、別途、個人で国民健康保険の加入手続きを行うことになります。その際、社会保険事務所又は健康保険組合などの保険者の資格喪失を証明するために保険者が発行する「資格喪失確認通知書」が必要になります。
 
<保険料>
保険料額について
 保険料の額は被保険者1人当たりで負担する部分(均等割)と所得に応じて負担する部分(所得割)の合計額です。
 額の詳細は都道府県によって計算式が異なります。
 例:東京都  均等割→37,800円   所得割→(所得額−基礎控除33万円)×6.56%
険料の免除・減額措置について
 健康保険の被扶養者であった方が後期高齢者医療制度の被保険者になったとき、又は健康保険の被保険者が後期高齢者医療制度の被保険者になったことにより国民健康保険の被保険者になった方(65歳〜74歳)については一定期間の保険料免除・減額の措置があります。
保険料の徴収方法
 保険料は原則として年金から天引きで徴収されます。(特別徴収)ただし、年金額が年額18万円未満の場合や介護保険料と後期高齢者医療保険料が年金額の2分の1を超えている場合は個別に納付することになります。(普通徴収)
保険料の徴収開始時期
 4月15日から年金の天引きが開始します。ただし、健康保険の被保険者だった方などは、7〜9月までは窓口納付、10月から年金の天引き開始となる場合があります。
 
<窓口負担>

 窓口負担は従来どおり医療費の1割(現役並みの所得者は3割)です。
   
<受けられる医療内容>

 後期高齢者の受けられる医療内容は従来と同様です。ただし、健康診査については従来義務であったのに対し、新制度において努力義務となりました。
 
※後期高齢者医療制度の詳細については最寄の市区町村または阿世賀事務所まで

▲ 元のページへ戻る