〜当事務所から顧問先様などへの「お知らせ」と「お役立ち情報」です。

雇用保険の基本手当の日額等の変更について

 雇用保険の給付額を算定するための基礎となる賃金日額等が、8月1日から変更になります。

 毎年見直しが行われますが、今回の変更は平成21年度の平均給与額が平成20年度の平均給与額と比べ、約2.3%低下したことから行われるものです。

【具体的な変更内容】

(1) 賃金日額の最低額及び最高額等の引下げ
例)45歳以上60歳未満の場合の賃金日額の範囲
(最低額) 2,050円 → 2,000円(最高額)15,370円 → 15,010円
これに伴う基本手当の日額の範囲
(最低額) 1,640円 → 1,600円(最高額) 7,685円 → 7,505円

雇用調整助成金等で支給を受けることができる1人1日当たりの最高限度額は、雇用保険基本手当日額の最高額です。8月1日以降の休業等に係る申請分から変更後(7,505円)の最高額が適用になります。申請の際はご注意ください。
(2) 失業期間中に自己の労働による収入を得た場合の基本手当の減額に係る控除額の引下げ
1,326円 → 1,295円
(3) 高年齢雇用継続給付の支給対象となる労働者の賃金限度額(支給限度額)の引下げ
335,316円 → 327,486円

 詳細またはご不明な点がございましたら、当事務所に、お問い合わせください。

▲ 元のページへ戻る