〜当事務所から顧問先様などへの「お知らせ」と「お役立ち情報」です。

労働保険番号の調査

 厚生労働省によって、全ての雇用保険適用事業所についての労働保険番号の調査が行われています。この調査により、全ての事業所についての労働保険番号と雇用保険番号との対応関係が明らかになり、将来的に、次のような体制整備が図られることが目的とされています。

(1)事業所が移転した場合など事業所の情報を変更する必要が生じた場合の届出が労働基準監督署、公共職業安定所のどちらか一方で済む

(2)労働保険料の納付対象となる被保険者数と公共職業安定所に届出を行っている被保険者数の確認が容易になり、届出漏れの防止に繋がる

 原則として、労働基準監督署、公共職業安定所で管理している台帳を突合する事により行われていますが、両官署への届出内容の齟齬などにより、両官署において管理している台帳の事業所情報が相違してしまっている事業所には、労働保険番号を確認するための調査票が送付されてきます。
送付スケジュールは以下のとおりです。

○第1回送付分 平成22年12月10日発送→平成23年1月21日(金)締切
○第2回送付分 平成23年 1月12日発送→平成23年2月10日(木)締切

 調査票が送付されたら、以下の内容をHB以上のシャープペンまたは黒鉛筆で記入し、ミシン目にそって切り離し、情報保護シールを貼り、上記締切日までに送付してください。

@労働保険番号を記入します。
A継続事業の一括の認可を受けている場合(複数の事業所の労働保険料の申告・納付を一つにまとめて行うことを認められている場合)は、それぞれの事業所に4ケタの整理番号が付与されていますので、その整理番号を記入します。

 その際、労働保険番号は一つにまとめた事業所(指定事業)の労働保険番号を記入します。なお整理番号は、「継続事業一括認可等通知書」で確認することができます。

 詳細またはご不明な点がございましたら、当事務所へご連絡下さい。

 


▲ 元のページへ戻る