〜当事務所から顧問先様などへの「お知らせ」と「お役立ち情報」です。

雇用保険の給付、基本手当日額等の変更

 平成24年8月1日から、雇用保険の高年齢雇用継続給付の支給限度額・最低限度額、育児休業給付、介護休業給付の支給限度額、基本手当日額が変更になります。この変更は、「毎月勤労統計」の平均定期給与額の増減をもとに行なわれます。

○変更内容

(1)高年齢雇用継続給付

 平成24年8月以後の支給対象期間から変更になります。

 ・支給限度額 344,209円 → 343,396円
 ・最低限度額  1,864円 →  1,856円
 ・60歳到達時等の賃金月額
   上限額  451,800円 → 450,600円
   下限額   69,900円 →  69,600円

(2)育児休業給付

 初日が平成24年8月1日以後である支給対象期間から変更になります。

 ・支給限度額 215,100円 → 214,650円

(3)介護休業給付

 初日が平成24年8月1日以後である支給対象期間から変更になります。

 ・支給限度額 172,080円 → 171,720円

(4)基本手当日額の下限額(全年齢)

 1,864円 → 1,856円(−8円)

(5)基本手当日額の上限額

 ・60歳以上65歳未満  6,777円 → 6,759円(-15円)
 ・45歳以上60歳未満  7,890円 → 7,870円(-20円)
 ・30歳以上45歳未満  7,170円 → 7,155円(-15円)
 ・30歳未満 6,455円 → 6,440円(-15円)

雇用調整助成金等で支給を受けることができる1人1日当たりの最高限度額は、雇用保険基本手当日額の限度額です。判定基礎期間の初日が8月1日以降の休業等に係る申請分から変更後(7,870円)の最高額が適用になります。申請の際はご注意ください。

 詳細またはご不明な点がございましたら、当事務所へご連絡下さい。

▲ 元のページへ戻る