〜当事務所から顧問先様などへの「お知らせ」と「お役立ち情報」です。

国民年金保険料の納付期限が延長になります

 平成24年10月1日から、未納の国民年金保険料を納めることができる期間が過去2年から10年に延長となる「後納制度」が始まります。具体的には、平成14年10月分以降の納付できなかった保険料を納めることができるようになります。

 7月31日以降、対象となる方に対し、順次「国民年金保険料の納付可能期間延長のお知らせ」が日本年金機構から送付される予定ですが、新卒・中途を含め、近年入社された方には是非知らせておいてください。

 本人は「もう過ぎたことだから」と思うかもしれませんが、受給年代が近づくと、これは重要なことだわかります。

 なお、すでに老齢基礎年金の受給権者は対象となりませんので、ご注意ください。

○後納保険料を納付できる期間

 平成24年10月1日〜平成27年9月30日までの3年間(ただし、後納保険料の対象月が平成17年8月以前の保険料の場合は、対象月から起算して10年後の月末が納期限となります)

○後納保険料の金額

 当時の保険料に政令で定める額を加算した金額となります(加算額は 毎年度改定あり)

○1ヵ月分の後納保険料を納めることにより増額される老齢基礎年金の目安

 786,500円(平成24年度満額の年金額)/480ヶ月≒1,638円(年額)

 詳細またはご不明な点がございましたら、当事務所へご連絡下さい。

▲ 元のページへ戻る