〜当事務所から顧問先様などへの「お知らせ」と「お役立ち情報」です。

雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金の支給要件等の変更

 平成24年10月1日以降から雇用調整助成金および中小企業緊急雇用安定助成金の内容が一部変更になります。

(1)生産量要件の見直し

○現行:最近3ヶ月の生産量または売上高が、その直前の3ヶ月または前年同期と比べ、5%以上減少していること

○対象期間の初日を平成24年10月1日以降に設定する場合:
最近3ヶ月の生産量または売上高が、前年同期と比べ10%以上減少していること
 (中小企業事業主で、直近の経常損益が赤字であっても、この要件が適用されます)

(2)支給限度日数の見直し

現行:3年間で300日(1年間での限度なし)

対象期間の初日を平成24年10月1日以降に設定する場合:1年間で100日(3年間で300日)

【例1】 対象期間10月1日〜9月30日
    過去2年間に50日ずつ(計100日)利用した場合
    H24.10.1〜H25.9.30は100日が限度となります(従来は200日)

【例2】 対象期間10月1日〜9月30日
    過去2年間に120日ずつ(計240日)利用した場合
    H24.10.1〜H25.9.30は60日が限度となります

対象期間の初日を平成25年10月1日以降に設定する場合:1年間で100日・3年間で150日

 上記【例1】【例2】でH24.10からの対象期間で限度日数(例2の場合は30日以上)を利用した場合、次の1年間は利用できなくなります。

(3)教育訓練費(事業所内訓練)の見直し

 平成24年10月1日の判定基礎期間から以下のように見直されます。
    雇用調整助成金 2,000円 → 1,000円
    中小企業緊急雇用鑑定助成金 3,000円 → 1,500円

 なお、岩手、宮城、福島の事業所については、平成24年10月1日は平成25年4月1日と、平成25年10月1日は平成26年4月1日となります。

 詳細またはご不明な点がございましたら、当事務所へご連絡下さい。

▲ 元のページへ戻る