〜当事務所から顧問先様などへの「お知らせ」と「お役立ち情報」です。

キャリアアップ助成金の創設

 有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といったいわゆる非正規雇用の労働者のキャリアアップ等を促進するため、これらの取組を実施した事業主に対して、包括的に助成する制度が創設されました。
 対象となる事業主は、「有期契約労働者等のキャリアアップに関するガイドライン」沿って、事業所ごとに「キャリアアップ管理者」を配置した上で、「キャリアアップ計画」(人材育成コースは職業訓練計画を含む)を作成し、都道府県労働局長の認定を受けている必要があります。

○正規雇用等転換コース

 正規雇用等に転換または直接雇用(以下「転換等」)する制度を規定し、有期契約労働者等を正規雇用等に転換等した場合に助成されます。
※支給額は中小企業/( )内大企業、以下同じ
 1年度1事業所あたり10人まで 
 (1)有期→正規:1人あたり40万円(30万円)
 (2)有期→無期:1人あたり20万円(15万円)
 (3)無期→正規:1人あたり20万円(15万円)

※対象者が母子家庭の母等または父子家庭の父の場合、1人あたり@で10万円、ABで5万円が加算されます。

○人材育成コース

 有期契約労働者等に、「一般職業訓練(OFF-JT)」または「有期実習型訓練(ジョブカードを活用したOFF-JT+OJTを組み合わせた3〜6か月の職業訓練)」を行った場合に助成されます。
1年度1事業所あたりの支給限度額は500万円、1訓練コースにつき以下の額が支給されます。
 (1)OFF‐JT分の支給額
   賃金助成・・・1人1時間あたり800円(500円)
   経費助成・・・1人あたり20万円(15万円)を上限
 (2)OJT分の支給額
   実施助成・・・1人1時間あたり700円(700円)

○処遇改善コース

 すべての有期契約労働者等の基本給の賃金テーブルを改定し、3%以上増額させた場合に助成されます。
 1年度1事業所あたり100人まで、1人あたり1万円(0.75万円)
※「職務評価」の手法を活用した場合、1事業所あたり10万円(7.5万円)上乗せされます。

○健康管理コース

 有期契約労働者等を対象とする「法定外の健康診断制度」を規定し、延べ4人以上実施した場合に助成されます。
 1事業所あたり1回のみ、1事業所あたり40万円(30万円)

○短時間正社員コース

 短時間正社員制度を規定し、「雇用する労働者を短時間社員に転換」し、または「短時間正社員を新規で雇入れた」場合に助成されます。
 短時間労働者の週所定労働時間延長コースの人数と合計し、1年度1事業所あたり10人まで1人あたり20万円(15万円)
※対象者が母子家庭の母等または父子家庭の父の場合、1人あたり10万円加算されます。

○短時間労働者の週所定労働時間延長コース

 週所定労働時間25時間未満の有期契約労働者等を週所定労働時間30時間以上に延長した場合に助成されます。
 短時間正社員コースの人数と合計し、1年度1事業所あたり10人まで
 1人あたり10万円(7.5万円)

 以上の内容は概要です。助成金には上記内容以外にも、「一定期間、事業主の都合により解雇等(勧奨退職含む)をしたことがない事業主」等、その他にも要件があります。

 詳細またはご不明な点がございましたら、当事務所へご連絡下さい。

▲ 元のページへ戻る