〜当事務所から顧問先様などへの「お知らせ」と「お役立ち情報」です。

育児休業給付金の支給率アップ

 平成26年4月1日以降に開始する育児休業から育児休業給付金の支給率が引き上げられます。
 内容は以下の通りです。
 育児休業給付金は、平成26年4月1日以降に開始する育児休業からは、育児休業を開始してから180日までは、休業開始前の賃金の67%となります。(これまでは全期間50%)
 育児休業開始から180日目までは、休業開始前の賃金の67%の支給、181日目からは従来通り休業開始前の賃金の50%の支給となります。

※1、平成26年3月31日までに開始された育児休業は、これまでどおり育児休業の全期間について休業開始前の賃金の50%が支給されます。
※2、母親とともに父親も育児休業する場合、後から休業を開始する方はこどもが1歳2か月に達する日の前日までの育児休業に対して、最大1年まで支給されます。

 支給の対象期間中に賃金の支払いがある場合は、減額もしくは、支給されないことがあります。
 また、育児休業給付金には、上限額、下限額があります。支給率が67%のときの支給単位期間1か月分として上限額は、(平成26年7月の時点で)286,023円、下限額は46,431円となります。(支給率が50%のときの支給単位期間1か月分としての上限額は、213,450円、下限額は34,650円となります。)

※この金額については毎年8月1日に見直しがあります。

 詳細またはご不明な点がございましたら、当事務所へご連絡下さい。

▲ 元のページへ戻る