〜当事務所から顧問先様などへの「お知らせ」と「お役立ち情報」です。

就業促進定着手当について

 「就業促進定着手当」とは、再就職手当の支給を受けた方で、再就職先に6カ月以上雇用され、再就職先での6か月間の賃金が、離職前の賃金よりも低い場合に、基本手当の支給残日数の40%を上限として、低下した賃金の6か月分を支給するものです。
 「就業促進定着手当」は、再就職先の賃金が前職の賃金よりも低下した場合に支給されるため、低下した賃金を補てんする意味合いを持つ制度です。

 内容は以下の通りです。

<支給対象者>

 平成26年4月1日以降の再就職で、次の要件をすべて満たしている方

  1. 再就職手当の支給を受けていること
  2. 再就職の日から、同じ事業主に6か月以上、雇用保険の被保険者として雇用されていること(起業により再就職手当を受給した場合には、就業促進定着手当は受けられません。)
  3. 所定の算出方法による再就職後6か月間の賃金の1日分の額が、離職前の賃金日額を下回ること

<支給額>

 (離職前の賃金日額※1−再就職後6か月の賃金の1日分の額※2)×再就職後6か月間の賃金の支払いの基礎となった日数※3
…この計算式から前職時から低下した賃金の差額を補てんする手当であることがわかります。

※1.原則として、受給資格者証の1面14欄の額となります。ただし、賃金日額の上限額を超える場合は上限額、下限額より低い場合は下限額となります。
(離職前賃金日額の上限額、下限額は毎年8月1日に改訂されます。)

※2.@月給制の場合…再就職後6か月間の賃金の合計額÷180
    A日給制、時給制の場合…次の(a)、(b)のうちどちらか高い方
    (a)再就職後6か月間の賃金の合計額÷180
    (b)(再就職後6か月間の賃金の合計額÷賃金の支払いの基礎となった日数)×70%

※3.原則、月給制の場合は歴日数(30日、31日など)、日給月給制の場合はその基礎となる日数、日給制、時給制は労働日数となります。
◎支給額には上限があります。
上限額=基本手当日額※4×支給残日数×40%

※4.基本手当日額の上限額(再就職手当と同額)
・離職時の年齢が60歳未満の方  5,825円
・離職時の年齢が60歳以上の方  4,720円
(基本手当の上限額は毎年8月1日に改訂されます。)

 就業促進定着手当の支給申請書は、再就職からおおむね5か月後にハローワークから再就職者の住所に郵送されます。期限までに必要な書類を添付して再就職者が再就職手当の申請を行ったハローワークで申請を行います。申請期間は、再就職した日から6か月経過した日の翌日から2か月間です。

申請書類

  1. 就業促進定着手当支給申請書
  2. 雇用保険受給資格者証
  3. 就職日から6か月間の出勤簿の写し(事業主から原本証明を受けたもの)
  4. 就職日から6か月間の給与明細又は賃金台帳の写し(事業主から原本証明を受けたもの)


詳細またはご不明な点がございましたら、当事務所へご連絡下さい。

▲ 元のページへ戻る